【クランク式パワーメーター】4iiii Precision 正しい使い方

IMG_20190114_210754

激安のパワーメーターとして有名な
4iiii(フォーアイ)社のPrecision を活用してます。

年末の海外通販激安セールで
購入された方が多いと思います。
激安ですが、機能はしっかりしています。
BORAやQuickStepなどのワールドツアーチームへ
供給していることからも過酷なプロユース
機材としての信頼があると思います。
(・・・と形だけ書いておきますね)

IMG_20190116_230234
自分もこれで3台目の購入になります。
これを使ってパワートレーニングを開始
される方が多いと思いますが、デフォルトの
設定でこのパワーメーターを使うと・・・

「なんか、他の人に比べてパワー出てる!」

と感じた方がいると思いますが、、勘違いですw。

自分が持ってる一昔前の業界標準パワーメーターである
ハブ式PowerTapと同時に計測して確認すると、
Precisionの方が10wほど高く値が出ます。

IMG_20190116_230135
クランク式は動力を伝達する側(「入力」装置)の
一部になり、ハブ式は動力が伝達される側
(「出力」装置)の一部になりますので、入力から
出力に至るまでに10wほど損失しているかもしれません。

IMG_20190116_230205
ただ、理屈はともかく多くの人が基準にしている
値にした方が、ややこしくなくて済みます。

平均10wも高い値が出てしまうということは、
約1時間のヒルクライムレースで、体重や
車重を約2,3kg減らすのと同じくらいの
大きな差が自分の場合はあります。

「ワットが高いのに、遅いね」

という誤解が出てしまい、弁明するのも面倒。
でもご安心ください。

Screenshot_20190119-201612
4iiiiのスマホアプリで、簡単に補正できます。
感覚的には、補正スケール値のところに
「0.96」を入れるとPowerTapと似た値に
補正することが出来ます。

Screenshot_20190119-201540
個体によって違うかもしれませんが、手持ちの
9000と105クランクの2つのPrecisionで実験すると
補正値0.96でPowerTapと同じくらいになりました。

IMG_20180901_105903
左がパワータップ、右がPrecision。

このPrecisionには、パイオニアやStagesのように
気温の変化などを自動補正するような賢い機能はついてないので、
定期的にゼロ補正する必要がありますが、スマホアプリから
簡単に校正できるので、問題ないでしょう。

IMG_20190116_230303
シクロクロスバイクに付けるのは、
はじめてなので、耐久性については
またレポートしたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください