TNI helium17 ステムのダメダメボルト

IMG_2740

TNIのヘリウムという軽量ステムご存知でしょうか。

ボルトの素材が柔らかすぎてトルクレンチ泣かせ。

現行のヘリウムは星形トルクスボルトになっているようですが、

自分のは通常の六角。レンチ側の鉄の方が硬いので、

柔らかいヘリウム側のボルトが変形し、規定トルクになる頃には

ボルト側がナメてしまう罠があります。

IMG_2737

FUJI SLに取り付けた時に規定トルクになった時にナメてしまったので、

たぶん取り外しできないだろうなと思っていました。

案の定、六角レンチがぐるんぐるんまわってステムが取り外せない。

IMG_2736

ステムを固定している2つの左右交互に止めているボルトの一つは

何とか六角で外せましたが、もう一つは完全になめた。

タップを打っても金属が柔らかい為、全然回らない。

しょうがないからノコギリでマイナスドライバーが入るように

頭を切って何とか取り外すことができた。

IMG_2738

こんなボルトで軽量化せんでもええからw

ステンレスのM4ボルトを買ってきて取り付ける。

IMG_2739

ステンレスボルトのこの硬さと安定感。

IMG_2741

元々のボルトと同じ長さのボルトなんですが、

やっぱり長い。5mmほど切断しても良いと思いますが、

ステンレスボルトの切断って結構厄介なので、

もうこのままで。

このボルト問題。コラム側だけじゃなく。

ハンドル側に4つも残っているですよ。

今のところしっかり止まっているので放置しよう。

ちなみに星形トルクスになったボルトだけ

別で売っているのですが、アマゾンとかで

価格を見てください。多分びっくりすると思いますw

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください