菰野ヒルクライム 2019

2019年3月24日(日)

菰野ヒルクライムに参加してきました。

47002860_2232209647063547_4252218657574223872_n

いつものことながら会場入りがギリギリ。

受付締め切りの6時半ちょうどに受付をし、

下山荷物受付締め切りの6時半ちょうどに荷物を預ける。

一度、大会に出てるとその辺の段取りで無駄な時間を

使うことがなくなります。

54522148_2311952302422614_9113500674569535488_n

6時40分ごろ、

前回駐車した菰野小学校のグラウンドに迷うことなく移動し、

駐車。

招集はスキップし、午前グループの最終出走である

グループDの移動時間の7時50分に間に合うように

ローラーでのんびりアップする。

名称未設定

7時半ごろ、

まわりの選手から、頂上積雪の為5kmのショートコースに

なった情報を得、またレースが30分押しになってると知る。

このレースはもともとヒルクライムレースとしては

短い8kmだったのに、たった5kmになったことで

軽量級にとってはさらに不利になって、テンション↓↓↓

やるからには、全力、がモットーなのでやることはやる。

8時15分ごろ、

駐車場から招集場所の役場に移動、グループDがほどなく

2、3kmほど先のスタート地点へ移動。

新名神の菰野インターチェンジができていたので、

依然と移動の雰囲気がちがっていた。スタート地点付近の

最終軽量化ポイント(簡易トイレ)もいつものように

大盛況だった。

グループDのエントリーは150人ほどで、スタート地点に

到着した時は、もうすでに15人ずつウェーブスタートしていた。

ほぼ最後の組でスタート。

スタート、

5kmのTTなので、とりあえず緩い斜度の区間はスピードに乗せるために

いきなり全力で漕ぐ。ペース配分がわからない。

中盤、

とりあえずメーターを見ながら300w以上を維持しないとダメだなぁ、

と思いながらそれ以上になるように踏む。

IMG_20190326_070056

終盤、

とりあえず、4km過ぎたあたりから長めのスパートを入れだす。

ヒルクライム的にはもっと長めに上げて行くんだろうけど、

すでにL5の上限というか、L5の上限でしか踏んでないので

スパートも何もないんだけど。。。

komono

ゴール、

ゴールの手前300mくらいからダンシングでラストスパート。

普段のローラー練で長めを意識してダンシングをしているので、

ダンシングに切り替えた時に粘りが出ていることに気づく。

パワーが落ちずにぐりぐりと上がっていく。ゴール。

タイムは、サイコンで17分50分台でした。

これがどういうタイムなのかわからないけど、全力出した。

山頂で運営の方が振舞ってくれたコーンスープが温かくて

染みたわ~下山用の荷物も番号を伝えたらすぐに頂けました。

下山もスムーズで、トータル3,40分でレースが終了。

なかなかの最短記録じゃないかなぁ。

リザルトはすぐに出ないだろうと思い、レース後に役場をスルーして、

駐車場で帰宅準備。

冷静に考えて、18分台でゴールしないと入賞はできないだろうなぁ

と思いながら、誰かが画像を上げるのを寝ながら待ってましたw

IMG_20190324_113115

結果、

ロードDで5位でした。なんだかタイム的にはギリギリ入賞に

引っかかった感じでしたが、やはり18分台を出してないとなぁ

という雰囲気は各カテゴリーで出てましたね。

入賞できても、タイムに納得いかない。というパターン。

でもまぁ、今年最初のヒルクライムレースで表彰状をもらって、

幸先のいいスタートになりました。次は、JBCFの伊吹山HC。

バイクの重量規制が入るレースなので、一般レースのようには

上位に絡ませてもらえない。ロングコース希望。

参加の皆さん、お疲れさまでした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください