カーボンフォークへ交換!その2

IMG_2899

純正に付いているセミカートリッジの

ヘッドパーツですが、

この下玉押しのパーツが圧入された状態なのです。

 

 

IMG_2900

ネットを参考にして、カッターナイフを使って、

ちょっとずつ外していきます。

 

IMG_2902

カッターの刃の部分をモンキーレンチの頭で

コツコツと叩きながら、ちょっとずつ刃を

入れていきます。

 

IMG_2904

小さいカッターの刃が入るようになったら、

次は大きめのカッターの刃を入れていきます。

 

IMG_2906

次は、精密ドライバーのマイナスを使って、

さらに隙間を拡げて行きます。

 

 

IMG_2908

前のクランクの一件があるので、そうとう慎重です・・・

普段ならここでテコの原理を使ってグイグイやるのですが、

慎重にコツコツといろんな角度から優しく叩いていきます。

 

 

IMG_2910

はい、外れました~

 

IMG_2916

さぁ、外れた下玉押しをカーボンフォークの方に

移植します。

IMG_2917

グリスを塗って、

IMG_2918

塗って

IMG_2923

入らない!

 

そりゃ圧入するものだからなぁ。

 

困った!

 

よし、

IMG_2919

タッパーにリングを入れて、

 

IMG_2920

熱湯をじょーっと入れます!

 

熱膨張の物理学を使います。

 

IMG_2923

ダメでした~。

 

ホームセンターにダッシュ!

 

IMG_2925

塩ビのパイプを買って来て、

IMG_2926

ガムテープでこのように繋ぎました。

 

何に使うかというと・・・

 

IMG_2928

どつくためです!

 

IMG_2927

はい、失敗~

 

このあと、リングの内側をヤスリで

3、40分ゆっくり削っていき、

 

IMG_2929

無事に入りました~!

 

あぁ~、しんど・・・

 

いつもこういうトラブルがありますなぁ。

 

次こそ、フレームと合体!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください