イノテック105

前から気になっていたドライオイルの

イノテック105を妻のロードバイクで実験しました。

いろんな先人達のブログを参考にしました。

■室内で塗布作業をしないこと
まず、オイルの匂いがキツイので室内での塗布を避けることがポイント
確かに、松ヤニのような強烈な匂いがするので、屋外での作業が
望ましいです。ベランダで作業して、隣の住人に被害がいくような
匂いの程度ではないです。


今回は、チェーンとスプロケットとチェーンリングに塗布します。

■完全脱脂すべし
これが非常に面倒な作業なんですね。完全脱脂は、ハードルが高い。
一応、我が家には超音波洗浄器があるので、ジップロックに入れた
チェーンに洗浄剤を入れて、超音波洗浄器で洗浄。
洗浄液を入れ替えて、また超音波洗浄を3回ほど繰り返し、
仕上げに中性洗剤で歯ブラシをつかって洗いました。

今までの感覚では、ここまでやっても完全脱脂するのは
無理だろうと思いましたが、さすがに鍋で煮沸する気には
なれずに、適当なところで切り上げることにしました。

新しいジップロックに乾かしたチェーンを入れて、
イノテック105を注入。

さすがに、屋外での作業必須ということで、匂いがキツイ。


色は、黄色でオシッコみたいですね。


洗浄して乾燥させたスプロケットとチェーンリングには
付属のハケで塗布しました。


あとは、長い乾燥タイム。

結局、まる二日ほどかかりましたが、ダボダボ状態で干したので、
表面は完全はサラサラにはならず。適当に拭いて取り付けました。

感想は、妻が乗った時に聞こうと思います( ´ ▽ ` )ノ

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください