クロスバイクの改造と正しい使い方

CIMG2601

ジャイアントを代表する製品

”ジャイアントエスケープ”

このクロスバイクの正しい使い方をご紹介します。

【ロードバイク化のきっかけ】

・より速く走りたい

手軽な価格で購入できるクロスバイク。

自転車に乗る楽しさに目覚めた時、もっと速く

走りたいという願望が芽生えます。

という方が多いかと思います。

ロードバイクを乗ったことがあると、

クロスバイクが物足りなく感じることがあります。

自分は、ドロップハンドルによる前傾姿勢に

その秘密があるのだと思っています。

・見た目をカッコよくしたい

クロスバイクはスポーツバイクの

部類になると思います。ママチャリにくらべて

格段にかっこいいですが、ロードバイクが

流行る理由の一つに、

87BE6652-40AD-4E25-B9E8-E7EC2F63DFA2iphone_photo-1-1024x768

”見た目のカッコよさ”

があります。

よっぽどの脚をもった人でないと、タイムに寄与しない

見た目がいかついカーボンホイールを履いて走る人が

少なからずいるというのはロードバイクを乗る上で、

無視できない要素なんだと思います。

【実際にやってみよう】

・ノーマル状態

CIMG4061_thumb

改造前の状態です。ほとんどノーマルの状態ですが、

前後に泥除けと、前輪はハブダイナモ(発電機)付きの

ホイールと交換しています。

2013年モデルのエスケープエアーです。

関連記事:
ロードバイク化計画の記事

・ロードバイク仕様

IMG_3021

ドロップハンドル化したエスケープになります。

妻の身長に合わせたフレームなので、XSサイズです。

見た目は、ロードバイクそのものです。

この状態で車重は約9kgなので、

エントリーモデルのロードバイクと同じくらいです。

関連記事:
ドロップハンドル化

クランク交換

フロントフォーク交換

【本当の目的の為に】

・ロードバイク化は可能か

結論からいうと、ロードバイク化はできます。

ノーマルの状態に比べ、舗装路をより速く

走ることができます。

細かな違いは当然ありますが、ポジションさえ

しっかり出せれば機能面でロードバイクに

劣ることはありません。あとは脚と心臓。

IMG_8219_new

・行動を

この記事を読んでいただけているということは、

自分の中で答えは出ているはずです。

行動すればロードバイク化はできるので、

後は、実行するだけ。それが近道ですよ。

IMG_2936_new

・どのくらいコストがかかるか

改造のレベルによりますが・・・

大体5万円~10万円くらいで出来ます。

製品の価格というのは、うまいことで来ていますね。

ロードバイクを買おうか迷っているくらいでしたら、

トータルコストはそんなに変わらないので、

実行して損することはありませんし、

自転車を分解してみると、より自転車の

ことを深く理解できます。技術は

お金では得られない価値です。

IMG_2946

・なぜ改造するか

IMGP7893_thumb

ロードバイクとの差を挙げれば、きりがないです。

できない理由を挙げればきりがないです。

ここでは、やりたいという気持ちを大尊重し、ブーストさせ、

やりたいと思ったら、できるという路線を通します。

だってこれを読んでくれる人は、

もうやりたいと思っているから。

あとは、行動するだけ。

退屈な自転車に楽しさをもたらすもの、

それはドロップハンドルによる

”前傾姿勢”

IMG_7438

にあると思います。前傾姿勢になるということは、

走りに対して、よりアグレッシブになるということです。

ドロップハンドル化が気持ちを上げます。

確実に上がります。

防犯上お勧めしませんが、買い物に行く時も

気持ちが上がった方がいいでしょう?

【お勧めの用途※ここからが本題!!】

18673051_1307067836067495_2296198939687323155_o

クロスバイクをドロップハンドル化したバイクの正しい使い方

それは・・・

シクロクロスです!!

さぁ、ここからが本題ですよ!!!

・シクロクロスって?

17015900_1221905307917082_3534534157587199838_o

自転車の障害物競争。レースです。

秋から冬にかけて行われているフランス発祥の自転車競技で、

歴史はマウンテンバイクよりも古く、100年ほど

前からロードレースのオフシーズントレーニングとして

始まりました。

22045934_1419270741513870_2905037365320210657_new

基本ルールは、

ドロップハンドルであること。

タイヤの幅が、33c以下であること。

レースで主流は、32cか33cのブロックタイヤ。

まさに改造クロスバイクが得意な領域。

ピュアロードレーサーには逆立ちしてもできません。

14915184_1080601578723127_6141276953682528134_n

・どういうところを走る競技?

12079300_872390442868572_1575113394439981646_n

基本的に未舗装路で、山や公園、河川敷がコースになっています。

土や泥の路面を走ることもしばしば。

23826268_1466672193440391_5406177948328161172_o

シケインやステップと呼ばれる障害物があるのが特徴で、

自転車を担いで自分の脚で走ったりします。

26112372_1507590962681847_2401317653259547927_n

自転車競技なのに、脚で走るって変でしょう?

はっきりいって、変で笑ってしまいますが、皆真剣ですw

周回コースで、大体見えている範囲内でレースが

行われるので応援も楽しいですよ。

・お勧めポイント

CFBFDBC0-2C71-4635-A388-09CA9C9F5822iphone_photo-1

クロスバイクのフレームには、大きなタイヤ(32cのブロックタイヤ)を

入れることができるのでドロップハンドル化したクロスバイクは、

シクロクロスに最適。いや、シクロクロスの為に改造したようなものですw

アップライトなポジションもまさにシクロクロスに必要な要素。

16114998_1189107857863494_7093549639896708526_n

自転車が本来活躍できる場所にハマる為、自転車が喜びます。

フレームの溶接がしっかりしているものが多いので、とにかく丈夫!

シクロクロスは、こけることが多い競技なので丈夫なのが大事。

16939566_1221508311290115_3315558040790296192_n

・レースで通用するか

16602070_1209120822528864_7867621654981011052_o

レースでは、クロモリフレームを使っている人も多く、

アルミフレームが多いクロスバイクフレームは、重量面で

不利なことはありません。

15192540_1132793606828253_439812828076350258_n

Vブレーキのストッピングパワーは、リムブレーキで最強。

泥づまりしにくいカンチブレーキへの変更も可能。

とにかく丈夫で、コケようが吹っ飛ぼうが問題なし。

26165355_1507592002681743_584132680470657504_new

【シクロクロス仕様のご紹介】

・チューブラータイヤ

21764960_1419270744847203_8689319162463683435_n

シクロクロスのレースでは、より空気圧を落として走れて

パンクの少ないチューブラータイヤが主流です。

もちろんクリンチャーでも走れますが、空気圧を

高めに設定しないとリムうちパンクしてしまいます。

一昔前のロードバイクは、アルミ製のチューブラーリムが

主流でしたので、中古市場ではただみたいな値段で

ホイールセットが売られています。

カセット式のハブでしたら10速までなら対応しているので、

安価で入手可能です。多少振れててもOKです。

16426101_1203302336444046_8724521577258994889_n

【アドベンチャーロードという選択肢】

・舗装路も未舗装路もOK

11222510_877749242332692_3157191515671783036_new

未舗装の車道のようなところを”グラベル”ロードと言います。

近年では、ロードバイクのスタイルで、舗装と未舗装の

両方をカバーする昔でいうとランドナー自転車のもうすこし

スポーツバイクよりのバイクのことを

グラベルロード(バイク)やアドベンチャーロード(バイク)という

名称でジャンル化されてきています。

12196349_877749378999345_8344814320670561885_new

ここにちょうどハマる走り方が可能なので、クロスバイクです。

よりグラベルを攻めて走りたいという姿勢が、シクロクロスバイクに

共通していますし、ドロップハンドル化したクロスバイクが得意な

分野なのです。

23916495_1472440399530237_1601835701948762462_o

街乗りでは、大き目のスリックタイヤを履かせると歩道やグレーチングの

段差を難なくこなせますし、空気圧を高めに設定すれば、スピードにも

乗せることができます。

24910015_1486336551473955_5312405562441624794_new

もちろんグラベルを走っても、タイヤが太い分パンクに強く

路面の凹凸を包み込んで、走り心地が良いです。

単純にスピードを求めるだけではなく、未舗装路を走る楽しさも

両方楽しめるクロスバイクの改造は、自分は非常にお勧めします。

楽しさの秘訣は、ドロップハンドルによる前傾姿勢だと思います。

【注意点】

ご存じかもしれませんが、ジャイアントの自転車は、

改造をするとメーカー保証が受けられなくなります。

あと、自分で改造する場合は、安全面に十分配慮して、

分解、組み立てを行ってください。

走行中に重要部品が脱落すると大事故につながりかねません。

改造方法を紹介しておりますが、改造によって起こった

トラブルや事故についての責任は一切負えませんので、

あらかじめご了承ください。

16174631_1189104044530542_4108562929319011462_n

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください