自転車カメラの手ぶれ補正

シーケンス 0100

自転車から撮った動画で、

手ぶれしない安定した撮影をするのは、

非常に困難です悲しい

 

バイクの後ろに乗って、

両手でビデオを構えてでもないと難しいし、

それでも路面のノイズを拾ってしまいます。

 

今回、テストしたのが、

Adobe Premiere Pro CS6に搭載されている

ワープスタビライザーという画像補正技術です。

動画を作りましたので、ご覧ください音楽

iPhone5を片手持ちで撮影しました。

ワープスタビライザーで手ぶれというか、

ぶれ自体が補正されているのがわかりますねぇGOOD

 

賢い!!

 

ぶれが補正される変わりに、画面がトリミングされ、

ぶれの幅が大きいほど大きくトリミングされます。

 

補正しすぎると、スピード感や臨場感が薄くなるの副作用がありますが、

パラメーターが調整できるので、好みの補正幅を選ぶことができます星

 

次回は、カメラ(iPhone)を自転車に固定して撮影し、

同様な処理をしたいと思います。

 

車載できる環境を作らないと・・・困った

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました