クロモリロード製作記録 その5シフトレバー&ディレイラーの取り付け

CIMG3129

毎日,良い天気ですねぇ晴れ

 

昨日、買い込んできたパーツを

組み付けて行きたいと思いますスマイル

 

組み付けるレバーは、さんざん悩んだ結果、

TIAGRA ST-4500にしました。

 

シフトワイヤが内装できる現行の105が、

いいかなぁと思ったのですが、

こういうものをちょいちょい上げていくと、

ガンガン金額が上がっていきそうだったし・・・がっかり

ま、いっか!

 

30年も前のフレームに、数年前だけど

デュアルシフトレバーが付くなんて、

なんかワクワクしますGOOD

 

スレッドステムとハンドルを仮締めして、

STIレバー(デュアルシフトレバー)を取り付けて行くのですが、

 

CIMG3132

ゴムの部分をめくると、

六角ネジが出てくるので、アーレンキーを入れて、仮締めします。

CIMG3133

次に、リアディレイラーも組み付けて行きます。

 

今回クロモリロードには、

・STI

・フロントディレイラー

・リアディレイラー

をTIAGRA 4500クラスを取り付ける予定ですが、

 

ここで問題が発生・・・がっかり

CIMG3135

アカン・・・号泣

フロントディレイラーのバンド径(34.9mm)と

フレームの径(28.6mm)が合ってへん・・・悲しい

 

やらかすと思ってたんだよなぁ・・・幽霊

 

早速、ネットで調べていると、こういうパーツが見つかりました。

shi-f4500

図の5番のパーツで、

SHIMANO FD4500(TIAGRA 4500用)バンドアダプター(28.6mm)

というもので、

 

ディレイラーのバンド径34.9mmを

フレーム径28.6mmに取り付けるパーツです。

 

新品でディレイラー本体を購入したら、

きっと付属しているものなんでしょうねぇ。

 

自転車は、規格の塊なんだなぁと思います。

 

こういう商品をショップで探すのは、

一苦労なので、

ネットで注文しておくとして、

フロントディレイラーの取り付けは、

 

後回し・・・悲しい

 

こういうのが、

あと何回あるんだろうか・・・号泣

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました