ディスクブレーキの規格分かりにくい・・・

image

まずは、マウントを調べるところから。

マウントの規格がたくさんあるので、自分のマウントが

最近ロードで流行っているフラットマウントか、

出っ張ったポストマウントか。


キャリパーを選ぶ時に若干困りました。

フロントフォークは、明らかに出っ張ってるので

ポストマウントということがわかりますが、

フレーム側(リア)が、わかりにくい。。。

image

取り付けねじ穴の前は、かなりフラットになっており、

後ろは、出っ張っている。

フラットマウントは、たぶんロードバイクだけの規格?

ドグマXCが発売していた2016年には多分なかったのです。

image

後でディスクブレーキの世界を知れば知るほど、規格で混乱する。

image

こういうパーツも本当にやめてほしい。。。w

結果的には、フロントとリアはポストマウントで、

現行の12速のディスクブレーキブレーキキャリパーを取り付けることができました。

自分が選んだのは、Shimano SLXグレードのコンポです。

分かってしまえば、迷うことはないのですが、何も考えずに

ポストマウントにキャリパーを取り付けると160mmの

ディスクブレーキを取り付けることになります。

上のアダプターを取り付けることで、180mmや203mmと

大きなディスクブレーキローターを取り付けることができます。

フロントを180mm。リアを160mmとするのが、一般的?なのですが、

自分自身軽量級ライダーなので、両方とも160mmにしました。

こういう径は、すぐに忘れてしまうので、可能なかぎり同じパーツのほうがいいですね。

IMG20210228183942

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました