電動アシスト自転車事情 2021年版

競争激化によって、値段が激下がりししている

電動アシスト自転車市場。

スポーツバイクから折りたたみバイク、

ママチャリタイプ、自分で組み付けるキットまでご紹介!!

電動アシストマウンテンバイク

image

マウンテンバイクの電動アシストバイクです。

26インチですが、ディスクブレーキ搭載で走破性はかなり高く

これから流行るマウンテンバイクでの山道走行に持ってこい。

手軽に自然の中のアトラクションで遊ぶことができます。

バッテリーの容量で値段は違いますが、一番低価格で

走行距離が20km(山道を走るには充分です)。

価格は、8万円ほど。

image

左から、走行距離20km、30km、50kmになります。

もう2万円出すと、大容量の

バッテリーを搭載してモデルがあります。

走行距離は、50km(オーバースペック過ぎますね)。

ロングライド目的ではなければ、20kmで充分です。

カゴや泥よけをオプションで付けることができるので、

街乗り買い物用としても活用でき、休日は山で

ダウンヒルを楽しむこともできます。

image

休日の楽しむ幅が広がりますね~

当然、コンポーネントのアップグレードも可能で

油圧ディスクへの交換もできます。

マウンテンバイクタイプの電動アシストバイクは、

10万円オーバーが多かったのですが、随分安くなったものですね。

image

別売りですが、取り外し可能なカゴをつけることができるので、

街乗り&お買い物にも使うことができます。

その他にも泥除け、ライトなどのオプションもあります。

image

ダウンヒルの練習用にもいいかもしれませんね!

折り畳み電動アシスト自転車

次にご紹介するのが、折り畳みタイプ。

その中でもひときわ目を引く自転車をご紹介

image

INMOTION P2(インモーションP2)

小さな車体ながら、走行距離は、30kmと十分。

image

小さく折りたためるので、車に乗せて持ち運ぶことが可能。

公道を走るのに必要な前後ライトにベルも標準装備。

折り畳みの電動アシスト自転車には、めずらしい

ディスクブレーキ搭載で、雨の日の制動が安心。

image

ママチャリのブレーキと言えば、前輪はリムブレーキ。

image

後輪は、ドラムブレーキになります。

ママチャリ独特のキーキー音鳴りする原因の

ブレーキになります。

image

電動アシスト自転車は、車重が20~25kgと

かなり重たいので、雨の日にブレーキが効きにくい

リムブレーキよりもディスクブレーキを強く

おススメします。

小さなホイールですが、コンパクトなディスクローター付きの

キャリパーがまとめられており、なんとスタンドも標準装備!

image

専用のアプリをスマホにインストールし、バッテリー残量や

走行モード、アシスト力の設定などを変更できるようです!

image

さすがにこれにカゴを取り付けるのは厳しいかもしれませんが、

リュックを背負えば、小回りが利くのでチョイ乗りには最適!

コンパクトでおしゃれ、安全面の心配もなく非常におススメの一台!!

お手頃な普通の電動アシスト自転車

image

いわゆるママチャリです。

7万円台で見ることが多かった電動アシスト付き自転車ですが、

ご紹介するのはなんと5万円!!

ブレーキは、残念ながら普通のママチャリブレーキですが、

コスパと荷物を積める機能面では、やはりママチャリでしょう。

走行距離は、35kmと十分。

image

一応、折りたためるらしいですが、絶対に折りたたまないと思いますw

コスパに優れており、買い物の間駐輪場に置きっぱなしにしたり、

倒れてもへこんでも傷ついても気にせずにガンガン使えるのが

ママチャリの利点?みたいなところがありますので、

低価格で乗り倒すならこれくらいの価格帯の方が

お財布に優しいですね。

上級者向けフロントホイールタイプ

こんな商品があったんですね。ホイール径が不明ですがw

すでにある自転車にモーターを取り付けることができます。

アシストではないので、道路交通法上どうなのでしょうか?

最近は、アクセルで走る電動に乗っているのを見ますが・・・

有料の施設などで使う分には良いとは思いますが、

これはかなり上級者向けの商品なのでおススメはしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました