奈良でグラベルと言えば「矢田丘陵」

image

”矢田丘陵”の存在を知ったのが、この記事。

「走りてぇ~!」って思ったね。

SLATEで悠久の矢田丘陵を駆け抜ける - Cannondale SLATE Freedom Ride vol.2
「もしもーし山本です!無事着いてますか?」夜行バスを降り、大阪駅構内にある開いたばかりのカフェでコーヒーをすすっていると、唐突に電話が鳴った。電話の主は、キャノンデール・ジャパンの”カズ”こと山本和弘さん。まだふわついている起き抜けの頭には、コーヒーなんかよりもずっと、あのテンション高めの声が目覚ましになった。

この回は、仲間と走った時の記録です。

矢田丘陵は、シクロクロスバイクでも十分走れますし、

道幅が広いので、ハイカーさんとの共存ができている。

この回は、矢田丘陵でも上級者向けに行ってしまって、

エライ目にあった時の動画。

コメント

タイトルとURLをコピーしました