チェーンリングの上にプーリー!?

image

このシステムなんていうの?

image

海外の記事で見つけたGTフォースというフルサスバイク。

フロントフォークのトラベル量は、ダウンヒルバイク並の

170mm

自分のXC用のは、100mm(一般的なマウンテンバイクはこれ)。

image

GTフォースはかなりハードな場所を走るのが目的のようですね。

日本であれば、ダウンヒルバイクとして使えると思うけど、

ダウンヒラーの皆さん、どうでしょうか?

image

話は、戻って・・・

自分が、一番目を惹いたのは、このシステム。

これは、なんていうやつなんでしょうか?

image

BB(ボトムブラケット)の位置を下げたかったのが目的っぽいですね。

BBの位置が、地面に近いほど下りでの安定性が増します。

そして、サスペンションのピボットがBBから上にずれた位置にあります。

たぶんですが、より大きくリアのショックを沈み込ませる工夫なんでしょう。

詳しいことはわかりませんが、ダウンヒルに寄せたバイクであれば、

その認識で合っていると思います。

そうすると、チェーンがチェーンステーに当たってしまうので、

ガイドプーリーを付けたということなのでしょう。

普通なら、チェーンリングとチェーンの接触面積が少なくなる

この仕組みは・・・変、というか不安になります。

結論をいうと、登りはそこそこ、下りはガンガンのバイク

ということでしょう。

詳しくは、以下のサイトをご覧ください。

Field Test: 2022 GT Force Carbon - Longer, Lower, Idler - Pinkbike
The new GT Force ticks all the boxes on the modern enduro bike checklist, but does that mean it rides well?

コメント

タイトルとURLをコピーしました