コンポを出来るだけ安くカンパにする方法

image

最小限の出費で、カンパにしましょう!

今回は、Wiggleで購入できる新品のカンパパーツをご紹介。

最後に価格をご紹介しますので最後まで見てくださいね。

まずは、何と言ってもシフトレバー。

今回は、10速のベローチェというグレードの

コンポーネントでまとめて行きたいと思います。

カンパと言えば、スーパーレコード。

シマノで言えば、デュラエース。

アルテグラに相当するのが、レコード。

105が、コーラスになるのかな?

その下は、ポテンツァにケンタウル?

なので、ティアグラ、ソラ

このベローチェってシマノでは・・・

たぶん、クラリスに相当するんだと思います。

image

カンパの特徴は、親指でシフトを操作する方式。

  • エルゴノミックダウンシフトレバー

親指でシフトアップ(ギアが重くなる)操作になります。

ブレーキレバーに沿ったシフターは、シフトダウン(ギアが軽くなる)操作。

男性はあまり気にしないのですが、手の小さい女性には嬉しい

ブレーキへのリーチが短いこと

これ、結構知られてないポイントです。

手の小さい女性は、カンパにしてみるとより快適なロードバイクライフが

楽しめると思いますよ。

次に、フロントディレイラー

image

売られているものは、直付けタイプになるので、

これは、バンドアダプタ(シマノ用でもたぶんOK)を取り付けると

直付けマウントがないフレームでも装着可能です。

もちろん、2速用です。

変速性能は、たぶん普通に変速できますよきっとw

次に、リアディレイラー。

image

変速出来る範囲がワイドな、ミディアムケージになっているので、

この当時の最大が29Tなので、結構な坂でも軽く上がることができます。

そして、ブレーキ

image

片側ピボットのシマノでいう4代くらい前の仕様になります。

ブレーキの効きは、現行ほどよくないと思いますが、

そこは、ブレーキレバーの方の握りやすさでカバーできるかと。

そして、カンパにするなら

image

ホイールを交換しないといけません。

厳密には、フリーボディと呼ばれるスプロケットをはめる形状が、

シマノと互換性がないので、その部品を交換すればよいのですが、

フリーボディで1万円とかするので、安いホイールに交換したほうが

手っ取り早いです。カンパのホイールで一番やすいのが、

このシロッコというやつです。

リムハイトが35mmなので、見た目良い感じになります。

image

そして忘れてはいけないのが、スプロケット。

これは、迷わず最大歯数の13-29Tにしましょう。

女性に向けて発信してますので。

ざっとこんな感じ・・・足りないもの・・・

そう、クランクです。

クランクはシマノのもので充分です。

フロントディレイラーの調整は普通にできます。

リアディレイラーとスプロケットは、10速の場合はカンパの

ものを使わないと変速がスパスパ決まりません。

小柄な女性がカンパを導入するのにネックになっているのが、

このクランクなんです。165mmというクランクが、

まぁ、入手が難しい。

海外通販で、滅多にお目にかかれないので、

日本で買うとなるとめちゃくちゃ高いです。

なので、クランクは日本のメーカーのこれを使いましょう。

■クランク長さ(mm):130・135・140・145・150・155・160・162.5・165・167.5・170
■歯数:34×24T・47×31T・49×35T・51×37T

まさに、小柄な女性の見方。

Dixna(東京サンエス)さん、さすがです!

このメーカーさん大好きなんですよ。

ハンドルとかも、握りやすくて小さいサイズがたくさんありますので、チェックしてみてください。

東京サンエス株式会社 | オリジナル企画販売および自転車総合卸

このクランクであれば、BBはシマノでOKです。

BBセットの商品もありますよ。

激坂仕様にするのであれば、ラ・クランクの最小歯数の34X24を選択しましょう。

最後に合計金額を出して行きましょう!

Campagnolo – Veloce (ヴェローチェ) 10スピードパワーシフトエルゴパワーレバー (2015)が、¥13,156

Campagnolo – Veloce (ヴェローチェ) 10スピードフロントディレイラー (直付けタイプ)が、¥3,203

Campagnolo – Veloce (ヴェローチェ) 10スピードリアディレイラーが、¥9,724

Campagnolo – Veloce (ヴェローチェ) デュアルピボットブレーキキャリパーセットが、¥5,605

Campagnolo – Veloce (ヴェローチェ) 10スピードカセットが、¥5,491

クランクとホイールがない場合の合計が、約3万7千円。

Campagnolo – Scirocco (シロッコ) C17 ロードホイールセットが、¥35,500

ホイールを追加で買うと、約7万2千円。

ラ・クランクまで買うと、約9万円で、あと、、、

ケーブル類、消費税など諸々で10万円。

中古パーツを組み合わせれば、もっと安くカンパにすることができます。

自分であれば、

・シフトレバー

・前後ディレイラー

を新品で買って、あとは中古。

ブレーキは、頑張って現行に近いグレードの高いやつにします。

スプロケとホイールは中古の方が絶対安いです。

それか、シフトアダプターという製品があって、

カンパのシフターでシマノのディレイラーを動かすアダプターが売られています。

そういう製品を使うと、シフターとワイヤー類の交換だけで済みます。

自転車の楽しみ方は、様々いろいろなので、ご自由に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました