パワーメーター

パワーメーターを
去年から導入してます。

powertapG3がついた
88mmのカーボンチューブラー
ホイールなんですが、使い所が
限られててました。

今回、zwift用にアルミリムの
クリンチャーホイールに
powertap pro+がついたものを
ヤフオクで購入。


ant+でしっかり認識されました。
値もそれっぽいのが出てるので
適当ですが、これでよし。


jukeというサイコンがついていて、
ここにTTSを表示できる機能があった。
FTPやら体重やらを入力して、
トレーニングのストレスを計ります。

最近気になることがあって、
通勤に使っているクロモリの
ロードバイクは、32cのブロック
タイヤを履かせています。
路面抵抗がすごくて、逆にスピードが
出ないようにしています。

stravaで出てくる仮装パワーは、
一生懸命漕いでもFTPから100wほど
下に出ています。

速度とケイデンス、体重と自転車の
重量しか情報がないからしょうがないけど。

通勤自転車にこそ、パワーメーターが
必要なんじゃないかと思ってます。

雨風に晒すので、耐久性があって、
安価でbluetooth対応の4iiiiの
precessionなんかが良いかなと。

情報が少ないので、ちょっと
ためらってます・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください