FUJI-ZONCOLANヒルクライム年代別3位。

SN

2019/10/05

FUJI‐ZONCOLANヒルクライムに
参加してきました。

IMG_20191005_072338
ジロ・デ・イタリアで有名な
ゾンコラン峠を要するイタリアの
ジュリア州と静岡県の小山町との
交流イベント。

IMG_20191005_101214
ゾンコラン峠と富士あざみラインとは、
距離や斜度が大体同じなんですって。

IMG_20191005_101042
全長11.4km
標高差1200m
平均勾配10%
最大勾配22%

先週今週と2週連続で富士登山をするとは。

今回はフルナカガワでエントリー。
前日にフロントシングルにして、
リアをGSのアルテグラに換えて、
安定の36-34Tで挑みました。

2018年のジロ・デ・イタリア第14ステージで
ゾンコラン峠を制したクリス・フルームの
ギア比が、34-32T。

IMG_20191005_101836
ランス・アームストロングが「まるで一口ピザだ」
https://zatsukan.ltd/lancegiroweek2/

と形容したほどのギアを使わないといけなかったほど、
ゾンコラン峠のキツさが分かる。
※ライダーの特性による

IMG_20191005_101832
ウルフトゥースの4アームチェーンリングの最小歯数が
36Tの為、リアをアルテグラのロングケージの
最大歯数34Tにしました。

マウンテンバイクのような見た目。

馬返しからの激坂は、ケイデンスが70以下に
ならないようにするには、このセッティングがギリギリ。
5アームクランクに戻すと34-34でギア比が1:1。
本当は、もう一段ほしいけどガマン。

IMG_20191005_071624
当日の天気は、快晴。秋らしいからっとした涼しさで
レースコンディションは最高。

スタートは全員一斉のマスドスタート。
最初が2kmほどの直線5,6%が続く。

知らず知らずに斜度が上がっていき、
先頭集団から人がバラバラ落ちてくる。

先頭集団は、山の神や乗鞍連覇のチャンピオンたちで
形成されているので、ついて行くときっと2kmで
脚が終わってしまう。

このコースは駆け引きではなく如何に最後まで
出し切るかがポイントなので、幸い斜度がキツく
頭とサイコンの距離が短いので、ほぼサイコンの
ワットを見ながら、ペースを刻んでいった。

それでも同年代のゼッケン番号は気になる訳で。
レース展開は、動画の方で。

カメラのバッテリーが充電不足で40分ほどで止まってしまってます。

IMG_20191005_101118

ゴールでは太鼓の演奏があり、元気をもらえました。

久しぶりに山頂を見ることができました。初めてこのコースを

走ったのは去年の6月、富士国際ヒルクライム。その時は

5合目は晴天で雲海が広がっていたが、今回は下界もくっきり。

IMG_20191005_101902

ここが山頂と勘違いしてしまうけど、まだ五合目。

マウンテンバイクとかではまだまだ登れるんだろうか。

IMG_20191005_102727

鉄で上がって来たの?と主催の静岡車連の人に驚かれたが、

車重7kg。来年は、もう200g削ろうと思う。

IMG_20191005_103207

天気が良ければ、すぐに茶店に駆け込むこともなく、

写真撮影とかひとしきり景色を楽しんだあとにゆっくり行く。

IMG_20191005_103407

今回は無料のキノコ汁が参加者に振舞われました。

具だくさんでとても美味しかった。

IMG_20191005_110006

下山を待つ間に椅子で休憩。コーラは300円だけど

最高に美味しい。

IMG_20191005_121237

下山後に道の駅すばしりへ。着に絡んでなかったら

大阪までの道のりを考えてすぐに帰宅する予定でした。

IMG_20191005_115817

食べ放題な感じのランチが用意されていたり、外でお餅や焼いていたり、

茶席で抹茶を頂けたり、この空間は自転車のイベントだけではないらしい。

IMG_20191005_120658

休憩しているとリザルトが張り出される。前に二人。

1位は日本人コースレコード!!!上の茶店で何か

注文して食べ終わるくらいのタイム差・・・w

先頭集団を一度も見ていないので、途中M2の選手が

前に何人いるのかわからなかったけど、道の途中の

人から前に何人いるか聞けたので、43番の選手を

ずっと追う展開。

ずっと、1,20m後ろを走っているが距離が

縮まらないどころか徐々に開いていく。

動画には撮れてませんが、ゴールまで残り1km付近で

何とかキャッチ。100mほど並走でもう意地の張り合い。

走ったことのある人ならわかりますが、あざみラインの

後半は平坦っぽいところが何度も現れる。

平坦で踏み込んだら、43番の選手が付いてこなかったので、

自分の想像ですが、脚が攣っていたのかもしれません。

自分は攣り掛けていましたが、ギリギリ持つ感じでした。

一定のトルクが掛かる斜面であれば脚の攣りは抑える

ことができますが、平坦になると使う筋肉が変わるので、

登りの筋肉がレスト状態になった時に攣る。というか攣り切る。

なので脚が攣っている時の下りは地獄。

残り500mで引き離すことができ、そのままペースを

落とさずに全力で踏む。太鼓の音が聞こえてきて、ゴール。

IMG_20191005_140205_1

今回で4回目のあざみラインでのレース。今年4回目の富士山。

かなりここのコース耐性が付いてきたように思いました。

ギア比に関しては最低ラインは確定し、ここからいかに上げて行くか。

IMG_20191005_140211

今年は、栂池高原HCと2回ナカガワジャージで表彰して頂けて嬉しい。

車重制限のあるレースは、このパターンで行こうと思います。

IMG_20191005_140841

2個目の銅メダル。この大会が6千円だなんて。

IMG_20191005_165759

ヒルクライムレースが済むと何か食べ放題な感じになる。

帰りに山盛りの牛丼の「あたま大盛」。

糖質祭りで、食後のサービスエリアで3時間も意識がなかった。

今日が日曜日で良かった。

次のレースは、10月末の「ちくさ高原HC」です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください