踏めば進むフレーム S-WORKS Tarmac SL7

image

おいおい、そんなフレームあるのかよっ!!

直線でまっすぐ走り、

しっかり曲がる

らしい。

いや、これは奥が深いインプレだ。

空手の達人、大山倍達氏は

「拳の握り方が分からない」

という言葉を残している。

直線でまっすぐ走らないフレームがあるということだ。

しっかり曲がらないフレームがあるということだ。

実に奥が深い。

このフレームも5年ほど経てば、改良がされて、

また

直線でより真っすぐ走り、

より曲がれるフレーム

がやってくる。より軽量化されているかもしれない。

そうなったら、このほめちぎられたフレームは、

見向きもされないだろう。

作った人が見えているものだったらとっかえひっかえ

できるだろうか?例えば、このSL7が世界にあなた

だけに作られたものだったら?

人間ってそういうものだよ。

さぁ、疑心暗鬼になりました?

それを踏まえて以下のインプレ記事を読んでみてください。

圧倒的な総合力と、走りの気持ち良さ スペシャライズドのS-WORKS TARMAC SL7を試す - 2021モデルインプレッション
スペシャライズドのS-WORKS TARMAC SL7をSL6と乗り比べインプレ。SL6に乗り「やっぱりいいな」と思う。そしてSL7に乗って、「これはいいな」と思った。SL6ですらトップクラスの現代バイクだが、SL7の総合力はそのさらに上を突っ走る。SL7の走りは、SL6の、そしてVENGEの後継機としてふさわしい正統...

S-WORKS TARMAC SL7 追加インプレッション 乗り込んで変化した印象をまとめた
10日間、毎日SL7に乗った。TSSは約1500弱で獲得標高は1万メートル超だった。そして、TARMAC SL7というバイクの印象が徐々に変わっていった。正確な表現をすると、SL7に合う力のかけかたが徐々にわかってきた。乗り込むことで性能面

S-works tarmac sl7 インプレ | ナカニシサイクル Official Website

FreedomとFREESPEEDとみんなのブログ
cycle shop Freedomのオーナー、そしてFREESPEEDの隊長の日記なんよ~。お店のHP

コメント

タイトルとURLをコピーしました