予算10万円で、おススメするロードバイク

image

今回、予算10万円でオススメする

ラレーのカールトンBというクロモリロードバイクです。

『スタイル』

image

画像は、前年モデルです。個人的にはこっちの方が好きです。

まだまだ在庫あると思いますよ。

image

クロモリのパイプを使っているので、小さいサイズでも

前三角形の部分が大きく、ボトルがトップチューブに

干渉することが、太いアルミやカーボンフレームよりも

少なくなります。

あと、クロモリバイクは特にですが、再塗装がしやすいです。

今のカラーに飽きてきたら、後々に好きな色に塗り直すことができます。

もちろん、デカールとかも再現してくれます。

予算は、剥離と塗装で3万円もあればやってくれます。

『安全性』

リムブレーキではなく、制動性に優れたディスクブレーキを

採用しています。

image

今から新しくロードバイクを買う人は、絶対に

ディスクブレーキにしておいた方が良いです。

このフレームに採用されている規格は、

「ダイレクトマウント」になります。

最近のロードバイクは、フラットマウントと呼ばれる

シマノの規格になりますが、一世代前の標準規格である

ダイレクトマウントではありますがパーツが豊富で

現役世代と言ってもよいくらいです。

タイヤの幅

image

付属の700Cホイールに取り付け可能な最大タイヤは、

32Cになります。舗装路を快適に走るのは、

25Cでもいいですが、自分は32Cで走る方が安心です。

エアボリュームがあるので、振動吸収に優れています。

オススメタイヤは、

『アップグレード性』

image

コンポーネントは、8速のクラリスが取り付けられています。

ロードバイクのコンポでは一番下のグレードになりますが、

クラリスだからダメということは全くありません。

入門用としては不足はありませんが、

少しでも軽さや変速性能を求める場合、

あとは、ワイヤー式のディスクブレーキから

油圧式のディスクブレーキに変更したい場合は、

コンポーネントを変更する必要があります。

これも考え方によっては、後の楽しみに

なると思いますよ。

リムブレーキからディスクブレーキに変更するは、

なかなか難しいので、ベースであるフレームの

選択は間違いないです。

『圧倒的な低価格』

なんと、税込みで10万円ちょいなので、

この予算なら自分は絶対にこれをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました