カンパのホイール、海外通販で本当に安い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

image

今回は、カンパニョーロの有名なゾンダで国内と

海外の価格差を検証してみます。

ゾンダといえば、ロードバイクを始めた方が、

初めて交換するホイールとしても有名で、

ひと昔の話ですが、新城幸也が練習用ホイールとして

使っていたこともあって、日本では特に人気の

ホイールになっています。

エントリーモデルのロードバイクについているホイールは

前後で2kg前後のものがおおいですが、

ゾンダ(C17:リムブレーキタイプ)は、約1.5kgと


500gも軽量化できます。500gはデカい。

大阪で最も有名な峠である 十三峠のタイムが

これで15秒縮まります。

1kgの軽量化で、30秒。2kgで1分の短縮の法則があります。

約4kmの峠で、15秒の短縮はすごい効果。

ゾンダのいろいろな情報は、ほかのブログでも紹介されているので、

どこで買ったら安くなるのか見ていきたいと思います。

今回比較するのは、ゾンダのC17と呼ばれるワイドリムモデルです。

リム幅が21mmから22.5mmに変更されています。

※このモデルは、23Cのタイヤを装着することはできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イタリアで買うと・・・

image

image

ほうほう、送料は不明ですが、無料じゃないでしょうね。

あと、消費税と関税がかかるので・・・

ロードバイクのホイールを海外通販したときに関税はかかるのか?
ロードバイクのホイールを海外通販した場合に必要となる税金について紹介します。 海外通販で商品を受け取る時に必要になるのが、関税と消費税ですが、個人で使うことを目的に、ロードバイクのホイールを購入した場

えーっと、65,000x0.6x0.1=3900円

自転車パーツには、関税がかからないので、

上記の計算方法で消費税を割り出すことができます。

イタリアから送料無料で買った場合は、

68,900円となります。

このモデルを国内で買うと・・・

リムブレーキモデルで・・・送料込み、税込みで6万3千円くらい。

ディスクブレーキ(センターロック)モデルで・・・送料別で7万6千円。

たぶん、送料は、2000円くらいかかりそうなので、7万8千円くらいです。

Wiggleで買うと・・・

送料無料で、ここから購入代金の60%に消費税がかかります。

48,000x0.6x0.1=2,880円

なので、約5万1千円で購入できます。

国内で買よりも、1万円ほど安くゲット出来る計算になります。

ただ、手元に届くまでに約2週間ほどかかります。

image

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

ディスクブレーキタイプで、

約7万円。

70,000x0.6x0.1=4,200円

約7万5千円で購入可能。

国内で買うと、7万8千円くらいなので、

たった3千円しか違わない・・・

image

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ディスクブレーキホイールセット (ボルトスルー – センターロック)

まとめ

ディスクブレーキタイプは、人気商品のためWiggleでは

割引率がまだまだ低いですね。

リムブレーキタイプは、供給量が多いのか在庫が多いのか

かなりの割引率で、国内で買うよりも1万円も安く買えるのは

かなりお得ですね。

何でも海外通販が安いってことはなく、商品を選んで

賢く利用するのが良いと思いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました