【ヤフオク情報】デュラエースになれなかった伝説のホイール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

image

このホイール、好きなんですよね。

シマノのWH-7700というホイール。

当時の7700シリーズは、今のシマノだと9200シリーズになる

デュラエースと呼ばれるシリーズになります。

なのにこのホイールには、デュラエースという名前が付けられてないのです。

今の主流のホイールに比べて、スポークの配置が独特で

スポークの本数が16本。

image

リムの中で図のような構造で固定されている。

一ロードバイクのレース用ホイールだと

フロントが20本

リアが24本

が一般的です。

スポークの本数が少ないということは、

その分空気抵抗が少なくなります。

スポーク本数が少ないと、強度(剛性)が保てないので、

採用したのがこのペアスポークという構造。

image

現在も売られているアメリカのロルフ社が開発した構造をパクった?

たぶん、他社から構造をパクったのでデュラエースになれなかったのかもしれませんねw

詳しくは、以下のサイトにて解説されています。

デュラエースを名乗れなかったホイール、シマノWH-7700・7701
完組みホイール黎明期のシマノの迷作WH-7700 デュラエースを名乗れなかった残念なホイール マビックのヘリウ…

このホイールについて、のむラボさんがメンテされてます。

wh-7700のメンテナンス

WH-7701さん - のむラボ日記
自転車工房「のむラボ」のブログです

wh-7700とwh-7701の違い

コメントのお返事(シマノホイールの話) - のむラボ日記
自転車工房「のむラボ」のブログです

image

自分は、wh-7701C(Cは、カーボンの意)をもっています。

wh-7800の初めてデュラエースを名乗ったホイールも

持っていますが、明らかに7701Cの方が硬いです。

というか、軽量級の自分には硬過ぎますが・・・

中古で購入しましたが、しっかりとメンテナンスされていたものだったので、

回転性能は極めて滑らかで良いもので、気に入ってます。

特殊なパーツが多いこのホイールは、替え部品が中古パーツからでないと

交換できない為、メンテナンス用にウォッチリストに追加して、

購入タイミングを見計らっているのです。

興味がある方は、是非!

shimano シマノ WH-7700 ホイール前後 チューブ... - ヤフオク!
shimano シマノWH-7700ホイール前後チューブラー中古です。スポークに青サビあります。リアホイールに一箇所打った跡があり少し凹みと膨らみがあります。写真10枚目を参考にしてください。チューブラーは緩衝材です。新しく貼り替えてください。写真を参考にしていただけると幸いです。中古ですのでご理解かる方のみ入札願いま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました