見た目と耐久性を兼ね備えた3Dプリントバイクパーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

image

外観だけじゃなく、中身がすごい!!


No22 Bicyclesというアメリカのメーカーのチタン製ロードバイク

フレームのドロップエンド。

image

左が旧来のモデルで、右が新しいモデルの外観。

かなりスッキリしていますね。

image

溶接のモリモリした部分がなくなり、各パーツのラインが

綺麗に出ています。各パーツの組み合わせというより

一体型の美に溢れいますねぇ。

image

そして、何と言っても中身!

これは人間の骨のような構造をしていることで、

軽量性と耐久性を両立させています。

これはもう3Dプリント技術でないと出来ない

製法ですね。

image

チタンの価格が高いことが、一番のネック。

アルミで3Dプリントできないのでしょうかねぇ。

3Dプリントの金属製バイクがまた注目される

時代が近づいているような気がしました。

image

バイクを洗車してて、いつも溶接のモリモリのところに

汚れがたまるので一気に薄汚れた印象になってしまいますが、

このスッキリ具合は、光の反射具合もシンプルになり、

ちょっと汚れてても綺麗な印象になること間違いなし。

気になる方は、お値段を調べてみてください。

それでは~

No. 22 Bicycle Company | Handmade Titanium Bikes
Titanium bikes and frames handcrafted in USA. With over 50 years of experience among our craftsmen, we proudly build some of the finest bikes in the world.

コメント

タイトルとURLをコピーしました