S-WORKS SHIVのDi2ケーブル断線

IMG_20200228_205940

うちに送られてきた時にすでに断線していたDi2ケーブル

Di2のジャンクションAへの延長ケーブルだったため、

ショップにクレームをつけて、ケーブルを手配している間、

延長なしでジャンクションBからのケーブルに直接

ジャンクションAを取り付けて動作を確認。

電動ってこういうトラブルになった時に

全く動かないことになるのでやっぱり自分は

機械式の方がええなぁと思った。

IMG_20200308_004111

ショップから新品のケーブルが送られて来て、

無事にジャンクションAとの延長ができた。

IMG_20200308_004151

たった40cmのケーブルで2千5百円もする。

内装バッテリーに関しては、1万2千円。

Shivについているケーブルだけで、9本。

IMG_20200308_004243

ケーブルだけで2万円もするのか、シマノめぼったくりや。

IMG_20200308_004209

機械式のTTバイクの場合、変速がDHバーのイン側バーの先端に

付いているだけなので、TTポジションでないと変速できない。

Di2の場合は、アウト側バーのブレーキ部分にも変速スイッチを

取り付けられるので、変速がほぼいらない平坦コースだと

よいけれど、アップダウンが激しいコースだとDi2が断然有利。

というか、Di2を知ってしまった今、TTポジションで機械式には

不便しか感じないと思う。

IMG_20200307_161005

TTポジションでは前乗りになるのだけれど、前乗りにすると

持病の左膝に痛みが出るので、後ろ乗りにする。

サドルポジションを変更していると、どんどんヒルクライムの

ポジションになっていく。

そうするとハンドルが遠くなる。

クランク長がいつもの165mmと違って2.5mmも長いので

ポジション調整は難航しそう。

IMG_20200307_161023

とりあえず、乗って調整するしかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました