パワーメーターとSRAM RED(ダブルタップレバー)について

thumb

パワーメーターとスラムの変速について(´д`)

 

パワーメーターは、いろんな種類が登場して値段も手頃になってきてます。

 

リアハブ、クランク、クランクシャフト、チェーンリング、ペダル、

チューブのバルブに付けるものもありましたねぇw

 

CIMG4462

自分がトレーニングでよく使うのは、パワータップです。

このハブ式のパワータップの利点は、、、

 

・値が正確!

・速度、ケイデンス、パワーがこれ一台で測れるので、他にセンサー入らず!

・丈夫!雨でも安心!

・通信が安定している!

 

なかなかの優れものなんですよ。

中古で状態の良いもの(校正値が500前後のもの)は、3万円以内で買えますよ。

 

トルクチューブというパワーを測るところがへたったら、

国内の代理店に送れば、中古で購入したものでも修理してもらえます。

値段はそこそこしますが、長く使えるのは嬉しいですね。

 

欠点は、、、

 

・重たい(ハブだけで250~300g)もある

・ホイールとセットになってしまう(当然ですが・・・)

・電池交換が面倒(専用工具がいる場合がある)

・第2世代までのものは、電池が高い(1回の交換で800円ほどかかる)

 

電池の持ちは、そこそこで毎日1時間使っても3,4ヶ月は持ちます。

後期モデルには、Bluetooth発信できるものがあるらしいですが、

中古市場で出回っているものは、ほとんどがAnt+での発信。

まぁ、Ant+の方が通信が安定してますし、当然Zwiftでも利用可能。

 

どうやってケイデンスを測っているのか不明ですが、

フレームやホイールにセンサーやマグネットを取り付けなくても良いので

ゴテゴテしないのも利点と言えます。

 

IMG_201908a01_101704

次は、SRAMの機械式の変速レバーについて。

 

クセのある操作。

自分はやっぱりファイナルローの操作が馴染めないw

動画内でも、変速ミスをやってしまっています・・・

 

ただ、SRAMの名誉の為に言いますが、

eTapは、フロントシングル派の自分にとっては素晴らしい変速機構です。

 

当然ですが、シフトワイヤーを張らなくて良いのも楽ですし、

右レバーでリアのシフトアップ、左レバーでシフトダウン。

 

両方のレバー同時押しで、フロント変速なんですが、

もうフロントを捨ててるような操作になってますw

 

このリア変速は、直感的でグッド!!

問題は、値段が高いことか・・・。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました