S-WORKS Tarmac SL7って最高や!

趣味にかけるお金ってあるよね。

EeWbFiXXsAAk36P

趣味にかけるお金って人それぞれですが、

割と本気(マジ)で趣味に取り組んでいる人は、

100万円くらいって当たり前である。

家の値段って、新築だとそれなりの相場になるのと同じで。

一般的なサラリーマンの年収から割り出した価格設定

になっている。

 

ロードバイクに100万円って高いのか?

パット見たインパクトはそれなりにあります。

たかだか自転車に100万円って・・・

ママチャリ基準だったら、キ○ガイレベルのお値段。

Tarmac SL7ってフレームで約60万円する。

完成車は、120万円くらいするのかな。

EeWbFidXsAEqEua

 

いろんな種類の自転車レースをしている人にとっては、

そんなに高い金額ではない。

ロードレース、ヒルクライムレース、トラックレース、

シクロクロスにマウンテンバイク、トライアル。

ビーチクルーザーにファットバイクなどなど。

 

レース用途でなくてもいろんな自転車が存在します。

 

車のレースは、割と極端な例として分かりやすいですが、

レースに特化するとF1に行き着きますよね。

 

当然公道を走ることができない。すべてのパーツがワンオフ。

ボルト一本ですごい精度で作られているので、お値段もすごい。

 

車が趣味の人は、車体に100万円って安い方だと思います。

ローンなどが充実した車の購入は、2,300万の車だって、

購入するときの敷居は低いと思います。そりゃ、高いって思う人だっているとおもうけど。

 

なので、

自転車にそんなに出すの?

っていう、先入観が高いと思わせる原因になっているんだと思います。

 

自転車に100万円は妥当なの?

 

妥当かどうかは知らん。

よく原価を考えて、モノが買えないって人いますよね。

「これ、原価4万円やで~」って。

 

他の製品でも原価を高い安いを言う人は、バカです。

プロダクトには、製品開発にどれくらいの期間をかけて

作ったかのノウハウの蓄積や歴史が含まれているからです。

あと、忘れてはいけないのが人件費や宣伝広告費などなど。

 

世の中に製品を送り出すのにかかった総合的なコストと、

企業の利益が乗っかっているのです。

 

自分が好きなカメラの「ライカ」。

フィルムカメラですが、ボディだけで40万円ほどします。

レンズでも2,30万円します。写真を撮って、現像してという

環境を整えると100万円を越えてきます。

デジタルカメラやレンズを良いモノを選んで買っていくと

必ず100万円以上になるように設定されています。

 

本気の趣味なら、それくらいが妥当な金額になります。

1台で100万円をどうみるか。

決して手が出せない訳ではない金額なので、妥当なのでしょう。

 

性能は良いのか?

Tarmac SL7を例に挙げますが、60万円のフレームに

見合った性能なのかどうか。それは誰にも分からん。

自分は、スチールのフルオーダーフレームの方が、価値が

あると思っている人間なので、自分の身体にあってるか

分からないいわば「(高くても)既製品」に60万円を

出す価値はないと思っています。

持っていたら、多くの凡人から羨ましがられるだろうよ。

それが望みなら買う価値はあるだろう。

お前らがバカにするメリダやジャイアント、ガノーのフレーム。

JPTでバリバリ走ってる。S-WORKSのバイクを使ってる

JPTチームってあったっけ??

 

結論

 

EeWbFiWXsAEthgg

ブロガーやYoutuber、脚力なし金ありのおっさんおばさん。

まぁ、目立ちたがりかへたれの年寄りは、どんどん買った方がいい。

 

TarmacじゃなくてもDOGMAや、Emondaでもええやん。

機材マウントをとれるブランド品はいくらでもある。

 

レビューをしている人が、本気でレビューしてると思う??

どうしてメーカーの宣伝じゃなくても勝手に宣伝すると思う?

 

お前らみたいな目立ちたがりの機材マウント取りたいヤツが、

特定の文字列に、ライトに群がる虫みたいに引き寄せられて、

PVがのびるからだわw

 

オレは、嘘はつかん。本当の事を言ってるだけや。

 

S-WORKS Tarmac SL7は、そういう意味で最高や!

 

↓↓↓↓↓↓クリックしてポイントランキングにご協力ください!!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました