S-WORKS Tarmac SL7 小さいサイズ!

最近発売されたスペシャライズドのレースモデル

S-WORKS Tarmac SL7」について

スモールサイズの人視点で

レビューしてみようと思います!

サイズラインナップについて

キャプチャ

これがジオメトリー表になります。

いつものように44とか49とかよりも

ホリゾンタルの長さの方を見ていきますと。

509mmと496mmがラインナップされてますね。

161cmの自分がいつも使っているのは、510mmのフレームなので

49が良いということになります。

もうワンサイズ小さい44の496mmのフレームであれば、

150cmの人も乗れると思います。※あくまで主観です

フレームセットには、ステムも含まれているということで

49には、80mm

44には、70mm

のステムが付属しています。取り付けるハンドルのリーチにも

よりますが、自分は80mmを付けることが多いのでぴったり。

完成車のスペック

単純にサイズ感だけを見て行きましょう。

キャプチャ2

いやぁ、スペックだけ見てると

「さすが、わかってるなぁ~」

って、感じのパーツチョイスですねぇw

49からは、クランク長が165mmになってますし、

ハンドル幅が、380mmになってます。

EeWbFiXXsAAk36P

49は、自分が使っているパーツの長さです。

身長160cmの人は49で調整なしで乗れると思いますよ。

44は、身長150cmでギリギリじゃないでしょうか。

140cm台の人は、ステムを50mmにしても

フレームが大きく感じて取り回しに苦労すると思います。

165mmのクランク長もきっと大きいので、Dixnaの150mmに

変更することをオススメします。

自分の身体に合ってない大きなフレームって、ダンシングしにくいし、

曲がりにくいし、走ってて思ったラインを取りにくいので結構危険です。

できればワンサイズ小さいフレームにして、その分ステムを長くする方が、

バイクの取り回しがしやすいので、可能であればワンサイズ小さい

フレームをオススメします。

自分は、150万円あったらw 44にしてステムを90mmにしたいと思いましたw

唯一残念なのが、フロントが52/36ということ・・・

160cm台の人は、これは踏み込めんで~と思いましたが、

150万円をポーンと出せる人は、たかだか2万円くらいのチェーンリングに

文句を言う人はいないでしょうねw

ディスク仕様完成車の重量は・・・

約6.8kg

軽いですが、ヒルクライムバイクでは普通。

EeWbFidXsAEqEua

やはりまだまだリムブレーキ仕様にアドバンテージがある。

自分のヒルクライム仕様のバイクは、5.6kgです。

このTarmac SL7でバリバリに軽量化すると、

eTap仕様で、ホイールを軽量にして、フロントシングルにすると

6kgをギリギリ切るかどうかだと思います。

ヒルクライム用バイクではないので、軽さを求めるなら

TREKのEmonda SLR9でも買った方が良いですね。

ちなみに自分のバイクは、FUJI SL ELITE(現SL1.1)です。

なかなかレースで見ないですが、めちゃくちゃ軽いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました