シマノのSPD-SLがパワーメーターになる!

image
今までなかったシマノのペダル式パワーメーター ファベロ ASSIOMA DUO-Shi

と、いうと語弊がありますが、シマノのSPD-SLペダルのボディと

組み合わせて使うパワーメーターユニットが発売されます。

image

商品は、このようにシャフトと根本についたパワー計測ユニット。

両方の足で計測が可能で、通信方式は、BluetoothとAnt+。

バッテリーは、内臓の充電式バッテリーで50時間ほど。

Di2みたいに、USBみたいなケーブルをユニット側に指して充電するようです。

シマノの対応ペダルは、R8000、R7000、R550、R540。

このユニット取り付けると、Qファクターが片側で10mmほども

長くなってしまうため、Qファクターを気にしたい小柄な

ユーザーにはおすすめの商品ではありません。

どうしてもシマノのペダルを使いたい場合は、クランク式の

パワーメーターをつけるのをお勧めします。

おすすめは、自分も愛用している4iiiiというメーカーの

Precisionという商品です。

image

4iiii (フォーアイ) – Ultegra FC-R8000 パワーメーター (左)

計測は左側だけですが、精度はStravaで出てくるものと

ほとんど同じ値になっております。

感覚だとStravaの標準的な値は、Powertapなどハブ式の

値のような感じで、クランク式はチェーン駆動損失前の

パワー値なので、5%ほど値が高くなってしまいます。

image

4iiii (フォーアイ) – 105 R7000 パワーメーター (左)

でも、この4iiiのパワーメーターは、出力されるパワー値にスケールを

入れることができるので、ちょうどよい値に自分で調整ができます。

自分の経験だと、パワースケールを0.96してあげるとちょうどいい値になりました。

値段も手ごろで、バッテリーも我々サイクリストがよく使うボタン電池を

使っているので、出先でなくなってもコンビニで簡単に入手することができます。

ほとんど、フォーアイ(4iiii)の宣伝になりました!ぜひお試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました