シマノ スクウェアに行ってきた その3

IMG20210815174827

シマノのコンポーネントのフラッグシップモデルである

歴代デュラエースたちをご紹介・。

1973年。初代デュラエース。

シマノ・デュラエース - Wikipedia

ウィキペディアでは、1971年にデュラエースと

命名されたクランクが発売されているとある。

「ジュラルミン」と世界で一番という意味で「エース」を

組み合わせた命名だったんですね。

ともかく、シマノの正史では1973年にデュラエースの

コンポーネントが発表されている。

スプロケットは5速。

変速は、今のSTIではなくフレームに取り付けるレバー。


私が生まれる前の話だ。

IMG20210815174833

2代目デュラエース。

1978年に発売されている。

私が生まれた年だ。

「Dura-Ace EX」(7200シリーズ)とある。

コンポーネントは、初代と劇的には変わってないが、

変速は6速になっている。

IMG20210815174841

ブレーキに工夫がある7300シリーズの3代目のデュラエース。

2代目から2年後の発売と、かなり早めのリリース。

IMG20210815174847

4代目のデュラエース(7400)は先代の6速から8速へ。

4年の歳月により、大幅なバージョンアップ。

IMG20210815174903

4代目から実に12年後に発売されたデュラエースは、

革新的な技術が導入された。

STIと呼ばれる変速レバーとブレーキレバーを

一体化させた革新的な製品。

これが、ロードレース市場を席捲する

5代目デュラエース(7500)だ。

変速は、9速になっている。

IMG20210815174909

8年後に発売されたのが、6代目デュラエース。

変速は10速に達している。

デュラエースの歴史は、続く・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました