Winspaceのカーボンフレームってどうよ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

image

安くカッコイイフレームのバイクを買いたいけど、

怪しくて安っぽい感じのバイクは外したい!!

自分の主観ですが、一般的なユーザーはフレーム性能の違いを

見分けることは難しいと思っています。

ロードバイク雑誌のインプレッションで

「踏めば進むフレーム」

「剛性があるが、適度なしなりもある」

という文句を良く目にしますが、これは

分からない、と言っているのと同じです。

フレーム各パーツを組み付けるベースになっているもので、

人が接触するところと地面と接するところの違いが

一番大きいと自分は考えます。あとは軽さ。

前置きが長くなってしまいましたが、

今回は、目にする機会が多い台湾ブランド(中華カーボン)の

バイク(UCI認証)を斜めな見方で3回シリーズでご紹介します。

image

このシールが、1枚54万円!?

問題:1枚54万円の自転車シールとは?
UCIが発行す1枚54万円のシールとは?

目にする機会が多いということは、売れていると錯覚しますが、

広告費を使って宣伝しているメーカーと言えるかもしれませんね。

第1回目にご紹介するのは・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Winspace

中国や台湾のメーカーかと思いきや、日本が発祥のメーカー。

公式ページによると「発祥」と書いてあります。

発祥

ということは、今は違うということ?

さらに製造場所の明記がありません。

中国か、台湾(深セン)か、このアタリになるでしょうけど、

まだまだブランディングにおいて「中国」というキーワードは

脚を引っ張る要素として使いたくないようです。

あなたのイタリアやアメリカのバイクメーカーのフレーム、

ほとんどがメイドインチャイナが多いはず。

さて、このウィンスペース。

2021年にプロサイクリングチームのスパークル大分で

使われているのが有名ですね。

新興チームながら、好成績で注目されている方も多いのではないでしょうか。

WinspaceでUCI認証を受けているのが、

image

このT1500フレームセットです。

お値段は、税込みで約26万円。

中華カーボンといいつつ、有名メーカーのエントリーから

ミドルグレードのフレームセットくらいのお値段ですね。

フレーム重量は、1050 +/- 30g(M)

有名メーカーのハイエンドバイクだとこの価格の2倍以上しますから、

チームのお財布事情とマッチしたのかもしれませんね。

スパークル大分の活躍をみていると、バイクの値段がレースを

左右することはないと言えますし、このチームを応援したくなります。

また、サイズ展開が豊富で、XSサイズからXLサイズまで

XSは、トップチューブの長さが500mmなので、身長が155cm

くらいの方にぴったりではないでしょうか。自分もXSがいいな。

www.winspacejp.cc – Lún Performance Wheels

Winspaceのリンク集

  

どうですか?

ウィンスペースほしくなりましたか?

金銭感覚が麻痺しているというか、そういう方々は、

通勤用のバイクとして、手軽に乗れる足として

105なんかで組んでみるのも良いかもしれませんね。

自分なら、今度出る105Di2をこの

T1500で組んでみたいなぁと思ったりしてます!

次回は、ELVESをご紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました