ロードバイクのクイックレバーの正しい位置は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IMG_20220813_141122

クイックレバーの固定位置について

いろんな種類のクイックレバーがありますが、

大体主流なのが、以下の2種類になります。

image

「開放カム」というタイプ

image

「密閉カム」というタイプ

この違いが、

image

レバーを倒して締め付ける機構が剥き出しに

なっているかどうかの違いです。

image

スキュワーというタイプもあります。ホイールを外す時に

レバーを起こすタイプではなくて、回して外すタイプ。

レバー側にボルトがあって、レンチがセットになっているような機構です。

ラチェットのようなフリー機構があり、使ってみると意外と簡単な上、

レバー式に比べるとしっかりと固定することができます。

シマノのクイックレバーは、ほとんどが密閉型を採用しているので、

耐久性が高く、信頼性があるということでしょう。

古いクイックレバーは、この「密閉カム」しか見たことがありません。

鉄製の密閉型のクイックレバーは、堅牢ですが重量がかなりあります。

一方で、開放型は構造が密閉型に比べて簡略化できるので、軽量化しやすい。

超軽量のクイックレバーは、すべて開放型の機構になっています。

ただ、超軽量なクイックは耐久性が低く、締め付けトルクも低くなってしまいがちなので、

ここ一発のレースとかでしか自分も使いたくないです。

密閉型であっても、開放型であっても正しいクイックレバーの取り付け方というのがあると

思われますが、今回はそれを考えて見たいと思います。

IMG_20220813_141234

フロントですが、たぶんコレがメーカーがやってほしい固定方法だと。

なぜなら、文字が読みやすいからw

レバーを後ろに流すか、フォークに沿わせる人もいるようですね。

さて、問題はリアなんです。

IMG_20220813_140947

フロント同様に文字を読みやすくすると、この方法になります。

IMG_20220813_141059

こういう止め方をするのもありだと思います。ただ自分は、このやり方はしません。

フレームの三角に入れるとレバーを起こすときに手に力が入りにくい為です。

そして、ロードバイクを有る方法で立たせている人の悩みが・・・

IMG_20220813_134414

これ。

ディスプレイスタンドに固定する際に、スタンド側のコの時が上に向いているように

止めないといけなくて、

IMG_20220813_141146

このようにレバー部分が上になるようにしないといけません。

image

この方法がマズイとされている理由が、何らかの突起物が引っかかった時、

レバーが押し出されて外れてしまうということが挙げられます。

うん・・・・大人数のレースを走ってない限りは

まず、そんなことはないですw

万が一、クイックに接触するようなくらいでグループライドしている場合は、

まずそんな人とは走らないようにする方が先です。

スタンドに載せる際にイチイチレバーを返すのをするのが自分は嫌なので、

ソロライドであれば、そのままにするこが多いです。

グループライドと、レースを走る時、

あとは接触が当たり前のシクロクロスレース(これはかなり特殊・・・)

を走る場合は、クイックレバーを身体側に向けることをしています。

まぁ、本来は固定できれば問題ない箇所ではあるので、何が正しいかは

はっきりとあるわけではないですが、ちょっとしたことで

いらんトラブルを回避できることもまた事実ではあります。

人間同士で走る時は、こういう小さいテクニカル的なところが、

他にもあると思います。

結論は、

面倒なオジサンに絡まれたくなければ、身体の方を向けた方がいい

です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました