スカンジウムを使った超軽量ハンドル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IMG_20220813_135126

スカンジウムとは、レアメタルの一つでアルミと混ぜ合わせると

高強度になることから、かつては自転車のフレームにも使われていました。

image

ただ、地球上に存在する量は多いものの他の鉱物と混じっている為、

アルミに比べると、産出量自体が圧倒的に少なく、高価になります。

現在は、チタンの方が自転車のフレームに採用されることが多いですね。

そんなスカンジウムですが、自転車のパーツには現在でも

ちょいちょい使われているのを耳にすることができます。

近年までデローザやビアンキでフレーム素材として使われていましたが、

2022年現在は、新車のラインナップからはスカンジウムフレームを

見ることができません。残念ながら、特殊なフレームビルダーさんに

以来するしか新品で入手する方法はないようですね。

IMG_20220813_135045

ウチにあるのが、KCNCのSC FORCEというアルミとスカンジウム合金の

ドロップハンドルです。

IMG_20220813_135055

ハンドル幅が400mmで218g

image

TNIのアルミドロップハンドルが、295g

お値段は、約3千円。

SC FORCEは、安いところで1万8千円。

77gの軽量化に5倍もの金額は、まぁ

見合わないでしょうね。コスパが悪すぎます。

・・・

スカンジウムがなくなる理由が、

分かったような気がしました。

軽量化では、カーボンに敵わないし、

形状の自由度も、金属である以上はカーボンのようにはいかない。

金属にこだわる人向けのマニアックな素材と言えますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました