スルーアクスルにして失敗した話・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IMG_20220813_133854

スルーアクスルを導入して分かったこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは、規格の話をちょっと。

image

一般的なロードバイクのクイックリリースのシャフト径(棒の太さ)

は、9mmとなります。

スルーアクスルのシャフト径は、12mmと15mmの2種類があり、

2022年現在、ロードバイクのシャフト径は12mmが主流。

そして、今度はホイールの横の長さ(エンド幅と言います)ですが、

こちらはかなり

厄介!!

というのは、MTBの話で、ロードバイクな皆さんはご安心を。

12速現在は、フロントが100mm、リアが142mmです。

image

ちなみにクイックリリースのロードバイクのリアのエンド幅は、

135mmです。お使いのコンポーネントが、9速以上の場合は、

間違いなく135mmとなります。7,8速あたりだと126mmか、

130mmの可能性はありますが。

マウンテンバイク(MTB)の方は・・・

IMG_20220813_133900

主流は、ロードバイクと同じく

フロント100mm

リア142mm

です。

ただ、BOOST規格というのがあって、

フロント110mm

リア148mm

ホイールの横幅が広がっているんですね。

なぜ、ホイールの横幅が広がったかというと、

答えはものすごく簡単で、

ホイールの直径が大きくなったから

なんですね。現在のMTBは、27.5インチか、29インチに

なっており、26インチのMTB部品は新品での入手が困難に

なっております。

このインチアップは、メーカーの販売戦略だと自分は思っていますが、

その話は、また今度の機会に。

ダウンヒル用のMTBバイクは、

150mmや157mmがあり、そりゃ高いところから降りるんで、

頑丈じゃないとダメなのはわかります。

それにシャフト径が12mmだったり、15mmだったりするもんで

混乱必至!

自分のMTBの規格を忘れてしまうことが、たたあります。

調べ直すと・・・

赤のドグマXCが、

フロント 15mm/100mm

リア 12mm/142mm

青のドグマXCが、

フロント 9mm/100mm(クイックリリースの為)

リア 12mm/142mm

でしたw

ここで本題の

何故スルーアクスルにして失敗したか?

我が家の車は、ルーフキャリアを3つ付けているのですが、

左右が、クイックリリース用で真ん中が、将来MTBを買うのを

見越してダウンチューブで固定するタイプにしました。

これならタイヤを付けたままで、さくっと載せることができる!と・・・

しかし!

いざ、ドグマを載せようとすると・・・

image

ダウンチューブが太すぎて、キャリアのクリップがハマらないことが判明・・・

車内に汚れたバイクを入れなくて済むようにルーフキャリアにしているのに

スルーアクスルが原因で、車内に積まないといけなくなり利便性ががた落ち。

青ドグマは、問題なくクイックリリース側に載せることができます。

image

結論は、こっちのタイプにしといたら良かった・・・

スルーアクスルが必要か?

クイックリリースとスルーアクスルの全く同じフレームのドグマを

両方乗りましたが、スルーアクスルが良いとは感じなかったです。

当然、フロントフォークとホイールの違いはありますが。

マウンテンバイクの場合、機材のフィーリングみたいなものは、

シクロクロスバイクよりも感じにくいです。

自動車レースでも、F1は超絶シビアなセッティングが求められますが、

ダートのレースは、頑丈さが命、みたいなところがありますからね。

悪路をどれだけ快適に走破できるかどうかにかかってます。

ということで、ライトなMTBライフを求めていて、かつ、

クイックリリースタイプのフロント止めのルーフキャリアをお持ちの方は、

是非ともフロントフォークはQRタイプをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました