ホイールを組んでみよう!その4

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IMG_20221001_174031

いよいよ、組み立てていくよ!

IMG_20221001_174718

ハブの穴にスポークを付けていきます。
まずは、片側18本から。

 

IMG_20221001_174313

ネジの緩み止めをスポークのネジの部分に付けてから・・・

 

IMG_20221001_175030

ニップルで固定していきます。
どんどん繰り返して行きます。

IMG_20221001_175130

反対側の為に、リム穴を一つ飛ばしで取り付けます。

 

IMG_20221001_180059

10分くらいで仮留めができました。

 

IMG_20221001_181618

反対側も一気に仮留めしていきます。

この作業でどれくらい締め付けたらいいのか
不安になりながらもニップルを裏からマイナスドライバーで
「回せるだけまわす」という基準で一旦全部揃えました。

たぶん、ココが揃ってないと縦振れの原因を作ることになるかと。
縦振れを取るのはやっかいなので、ニップル回しで
本格的に締め付けて行く前にニップルの位置を揃えました。

IMG_20221001_180105

放射状にのびるスポーク。シンプルな見た目。

ラジアル組みにしてよかったかも。

 

IMG_20221001_183738

ここからは、ニップル回しで均等に締め付けていきます。
締め付ける感じは・・・

 

勘!!

 

IMG_20221001_185327
たまにリムのセンターを確認しながら締め付けていきます。
手の感触とニップルを締め付ける時の抵抗をたよりに
ガンガン締め付けて(る気持ちで・・・)行きます。

 

IMG_20221001_192957

フロントハブは、左右対称だと思うので、片方を計測して、
もう片方と同じ位置になればセンター出しオッケ-!

 

IMG_20221001_192337

ある程度、振れが取れた段階でスポークテンションをはかりましたが、
このツールで55という数値になっておりました。

55kgfという値らしいですが、

IMG_20221001_192714

付属の換算表を見ると、適正な範疇でちょっと柔らかい感じに
仕上がりました。ニップルの抵抗具合をみてるとこれ以上回すと
ニップルがナメてしまいそうな予感がするので、
一旦この状態でタイヤを入れて走ってみよう!

組み立てなので、ちょっとプレッシャーをかけてみて、
初期のびを取ってあげます。

このあたりは、ワイヤー類と同じですねぇ。

明日になったら、テンションが変わっているかもしれないので、
再度テンションメーターで測ってみようと思います。

IMG_20221001_193712

最後に、余ってたリムテープを取り付けて・・・

 

IMG_20221001_194151

完成!!!

 

36本のスポーク、やっぱり多いですねw
でも、クラシカルな放射状のラジアル組みはキレイです!!

 

これに、32Cのコンチネンタルのゲータースキンを取り付けますから、
ホイールの硬さが分かるんだろうか?

IMG_20221001_194233

2つあるCXP33の1つを使いました。もう一つはまた壊れた
時のための保守パーツにしようと思ってます。

組み立てるのに要した時間は、2時間!!

 

そろそろ自転車屋さんが出来るのではないでしょうかw
次回は、取り付けて実際に走らせてみましょう!

壊れませんように・・・

では~

コメント

タイトルとURLをコピーしました