関西シクロクロスのレース時間割変更について

A

↑変更前

2020年から、関西シクロクロスの
時間割が変更になります。

B

↑変更後

大きな違いは、CL1をC2と同じ時間帯に
変更したことですね。

結構大胆な変更だと思いました。
C2は、レースの最終出走。

C2で走ったことがあるとわかると思いますが、
C2でトップの人は周回遅れを抜くシチュエーションが
少ないんです。ほとんどないと言っていい。

実力差が慣らされている状態のカテゴリーなんですね。
そこにCL1が同じ時間帯に走るということは、
2分前を走ろうが、2分後に走ろうが必ず
CL1の選手を抜かないといけない。

各カテゴリーのタイムを比較すると。
(2019#1紀ノ川のデータ)

CL1トップ2周回ラップタイム 19:26
CL1 50%  2周回ラップタイム 21:56

C2トップ2周回ラップタイム 17:22
C2 50%  2周回ラップタイム 19:24

C3トップ2周回ラップタイム 17:57
C3 50%  2周回ラップタイム 20:02

C4トップ2周回ラップタイム 19:36
C4 50%  2周回ラップタイム 22:18

CL1を実力別カテゴリーに当てはめると
競技時間が10分短いC4のところに該当します。

ちなみにCM1は、C2とほぼ同等になります。

CL1は、競技時間が40分なのとコースが
エリートと同じなのがネックになって、
ショートコースがある場合、午前中の
カテゴリーと同じにできない。

CM1の人数がすごい多くなってきたので、
人数が少ないカテゴリーに振らざるを得ない
感じだと思います。

CM1とC2の選手の決定的な違いが、
昇格が掛かっているかどうか。

CM1は、昇格がない。
C2は、昇格がある。

ほかのどのカテゴリーよりも
抜け出したいと思っている人が多い
のがC2なんですね。

CL1も当然昇格はないし、降格なんて
存在しないんじゃないか。CL2からの
昇格だってほとんど自己申告レベルで、
昇格する苦労ってC2からの比じゃない。

C2の選手は、当然マスターに比べて年齢が低く、
テクニックよりも力でなんとかしようとする人が多い。
はっきり言って紳士ばかりではないのだ。

ある程度の若さと昇格欲と荒いハンドリングで
きっと暴言を吐いたりする人が出てくると思います。

自分は、CM1の降格条件をかなり厳しくした方が良いと思いますが、
個人的には、午後からのスケジュールは、事故が起こる前に
元に戻した方が良いという考えです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました